国語の奥義「選択肢のマジック」

国語はセンス?国語の偏差値アップをあきらめていませんか?


7日間の集中学習で国語の偏差値10アップを実現する問題集。当サイト限定商品となります。

*1日1時間×7日間=7時間で十分に学習できます。

国語,受験,偏差値アップ


中学受験・高校受験・大学受験・センター試験まで対応している問題集です。


受験国語のプロによる国語の奥義

屈指の実績をもつ「国語のプロ」が奥義を伝授します。

 合格実績(一例)

<私立・国立中学・高校>

開成・学芸大附・筑附・お茶の水・武蔵・早稲田高等学院・早稲田実業・早稲田本庄・慶應義塾・慶應志木・立教新座・明大明治・明大中野・中央大附・中央大杉並・海城・桐朋・ICU・青山学院・学習院・豊島岡女子・巣鴨・城北など 

<私立大学>

慶応義塾・早稲田・上智・明治・立教・中央・法政など

国語,受験,合格,中学,高校,大学


著書

amazon電子書籍ランキングで1位を獲得。印刷版は当サイト限定となります。

中学受験国語力を伸ばす
中学受験国語力心情語辞典
中学受験国語力文章力
中学受験国語の奥義「選択肢のマジック」


ご購入者さまの声

※加筆・修正は一切おこなっておりません。

評価:★★★★★受験前に読みたかった! 

文章を読むことに抵抗があり、国語の成績が伸び悩んでいる人・いた人にオススメしたい本です。

この本は国語の本質について簡潔に分かり易く書かれています。

私は学生の時、国語が好きではなく、文章を漠然としか読んでいませんでした。

しかし、重要語をきちんと認識し、意識して読むことが出来れば、文章を読むことに苦手意識を持つことがなかったかと思います。学校教育でこれだけ簡潔に学ぶことが出来れば、試験に悩む人も減るのではないかと思います。

また、自分の意見を文書で伝えたい時にも応用できるので、とても勉強になりました。

 

評価:★★★★★『本当の』国語力を学ぼう 

さっと読んだだけで「今まで自分はちゃんと、深く本を読めていなかったのかもしれない」と不安になりました。

数ページの中にわかりやすく、文章力をつけるための説明が書いてあり、まとめ、参照文章が付いているのですが、

まとめを読んだだけでも「なるほど〜」と目から鱗がぼろぼろと落ちました。

私は、年間多いとき100冊の本を読みますが、全ての本を読み返したくなりました。

この本は、文について当然のことを言ってるのかもしれない。しかし、たしかにわかっていたはずなのに、使えていなかった。

こんなこと知ってるよ、と、あなたははたして全ての章に言えるでしょうか?

言えたとしても、この本のようにわかりやすく説明できないと思います…

長年ハイレベルの塾の講師として研究し、学んだ国語についての知識がこんな安くていいの?と読み終わってびっくりしました。

そして、特別編で明かされる選択肢のマジックについて!

これがまた、学生ならテスト、社会人には資格試験などの時に役に立つに違いありません。

ちょっとでも自分の国語力に不安のある方は、是非読んでほしいです。

中学生から社会人までと書いてある通り、読みやすく、そして大事なことが書いてある本です。

評価:★★★★★とても勉強になりました

重要文について簡潔に解説しており、とても分かりやすかったです。「なるほど」と思った点が多々ありました。

私はすでに社会人ですが、選択肢のマジックについては、受験生の時に知りたかったなと思いました。

今後、文章を読む際には、この本で得た知識を活用していこうと思います。

 

評価:★★★★★保護者も読める

子どもの国語の成績に悩んでいる保護者が読むといいかもしれませんね。

得点を伸ばす方法論も書かれていますが、国語に対する考え方がちょっと変わります。

 

評価:★★★★☆既知の内容が多かったが……

私は普段、学術論文を執筆している立場であり、各章に挙げられているポイントは既に知っておりました。

しかし、終章「付録」の内容が、私には新鮮で大変役に立ちました。

これから文章の書き方を学ぼうとしている人には、重要な点が簡潔にまとめられていて良いと思います。 

また、普段より文章を執筆している方には既知の内容が多いですが、役に立つ内容もあると思います。 

 

 

中学受験国語の奥義ご購入


国語は受験科目にあらず

私はいまから10年前、進学塾で国語の講師をしていました。

 

開成や国立、早慶などを目指すハイレベルのクラスを担当させていただきました。

 

いずれも得難い経験であり、開成や灘など、テクニックだけでは対応できない難関校の国語を研究する機会も得られました。

 

そして、普通に教えていても生徒の成績がまったく上がらないことに気づきました。

 

「国語は受験科目にあらず」

 

国語は、学習量と成績が等比級数的に上がる他の科目とは違います。

 

塾に通っていないが読書をたしなむ子どもは、塾や予備校に通っているが読書をしない子どもに読解力で勝るのです。

 

数学(算数)など他の科目ではこういうことは起こりづらいです。

 

つまり、短期間でまとめて学力をつけることが困難な科目といえます。

 

さらに、筆者は「作家」であり、合理性や効率性を重視する理系科目にはない、抽象概念や個人的主張を文章のなかにほうりこんできます。   

 

「算数は得意だが、国語は苦手」

 

このような相談は過去に数えきれません。

 

当たり前のことなのです。

 

「国語は受験科目としてふさわしくない」のですから。

 

しかし、短期間で成果を求められる進学塾の講師は、そんな悠長なことを言ってられません。

 

できる限り短期間で、得点に結びつける。

 

それができなければ受験国語の講師としては落第点なのです。

 

しかし、問題集の読解問題を解いたり、漢字の読み書きを繰り返せば、国語ができるようになるわけではありません。

 

もし、そのようなやりかたで国語ができるようになるのなら、誰も国語の成績で悩んだりはしないでしょう。



国語の教え方の「嘘」

一般的な進学塾や予備校での国語の教え方をご存知ですか?流れを簡単にまとめてみます。

 

1.物語文(小説文)・説明文・論説文・随筆(随想)・詩歌(短歌・俳句)のように、カテゴリーの分類をします。 

2.カリキュラムに従って、上記のカテゴリーの文章(せいぜい見開き2ページ程度)の読解問題を解かせます。 

3.解説を行います。

 

問題は3の解説です。

 

塾や予備校に通ったことのある人や参考書などで勉強をしたことがある人ならご存知だと思いますが、

 

「指示語(こそあどことば)の問題は直前の2~3行に注意をしなさい」 

 

「物語文や小説文では会話文に線を引きなさい」 

 

「『しかし』や『ところが』などの逆接のあとに重要な主張が来ることが多いので、逆接に印をつけなさい」 

 

「最終段落に筆者の意見が書かれているので、最後の問題の解答は最終段落と連動させなさい」

 

といったものです。

 

もちろん、それらがすべて間違っているとは言いません。

 

しかし、文章を書いているのが人間なら出題者も人間なのです。

 

そんな形式ばったやりかたで他の科目のように答えなど出せないのです。

 

しかも、文章を読みながら「会話文」や「逆接」にいちいち線や印をつけていたら、自然な読解の流れが絶たれ、肝心の「全体把握」がうまくできなくなってしまいます。

 

つまり、一般的な進学塾や予備校では部分読解のテクニック(らしいもの)を教えているにすぎないのです。

 

それでは、国語の偏差値はなかなか上がりません。


国語の奥義「選択肢のマジック」

国語の偏差値を一気に上げる「禁断の魔術」

 

受験には時間がいくらあっても足りません。 

 

学校に行き、塾や予備校に通い、宿題をやり、また塾以外の習い事をされているお子さまも多いでしょう。

 

そんな折に、毎日のように読書をできるでしょうか?

 

現実的には難しいのではないでしょうか。

 

そこで、短時間で国語の偏差値を上げる方法があります。

 

その方法とは「選択肢だけを見比べて答えを導くやり方」です。 

 

一般的な進学塾や予備校で行われている選択肢の消去法とは違います。

 

たとえば、

 

「言い回しが強すぎる選択肢は間違っている可能性が高い」

 

「明らかに本文に書いていない選択肢は間違い」 

 

「本文に書いてあるが、部分的に異なるものは間違い」

 

「選択肢の文がおかしい(矛盾している)ものは間違い」

 

といった「あいまいな指導法」とは異なります。 

国語の奥義「選択肢のマジック」
国語の奥義「選択肢のマジック」


選択肢の正解を見抜く方法

選択肢のマジックとは?

 

「選択肢のマジック」を完全にマスターすれば、選択肢を比較するだけで平均正答率50~60%を取れます。

 

中学受験、高校受験、センター試験、大学受験まで自分で実践してみましたが、いずれの場合も問題なく使えました。

 

「代表性ヒューリスティック」「合接の誤謬」「連言錯誤」「部分集合と上位集合(具体と抽象)」という、認知心理学の専門領域から得た方法なのですが、国語の選択肢の正答率を上げるのにとても役立ちます。

(他の科目の選択肢でもつかえます)

 

できるだけ専門用語をつかわずに、問題と解説を制作いたしました。




論理的思考能力アップ

選択肢のマジックは、お子さまの「論理的思考力」を養うことができます。

国語だけでなく、他科目の選択肢問題の正答率アップはもちろん、順序だてて考える能力が身につきます。

お子さまに次のようなことはございませんか?

中学受験国語論理的思考

7日間の集中学習で国語の偏差値10アップを実現する問題集。当サイト限定商品となります。

くわしい内容を学習したい方のために、国語の奥義「選択肢のマジック30」を販売しております。選択肢のマジックLV.1/LV.2/LV.3とレベル別に学習できます。またご質問や進路相談などのメールサポートも行っております。

*1日1時間×7日間=7時間で十分に学習できます。


教材サンプル

中学受験国語の奥義サンプル1
中学受験国語の奥義サンプル2


ご購入(税込・送料無料)

振り込み・代引き・クレジット決済

※クレジットカード情報をお店に知らせず安全・簡単な決済を行えます。



毎月5名様までのご案内となります。当サイト限定商品です。



国語の奥義「選択肢のマジック30」

 

【選択肢のマジック】

LV1.簡単な2択問題10題と解答・解説

LV2.標準的な3択問題10題と解答・解説

LV3.難しい4択問題10題と解答・解説 

付録「グルーピング」もうひとつのマジック

 

解説作成・監修・編集:遠藤篤(C.B個別学院代表)

問題作成協力:須田華那(お茶の水女子大学文教育学部 )

 

【特典】

本当の国語力を伸ばすためにマスターするべき10の文(心情語辞典つき合本冊子)

文章力(2時間で文章力を身につける4つのステップ)

プロ講師メールサポート30日間(会員ページのパスワードをお伝えします)

 

印刷版とダウンロード版が選択できます。

*印刷版ではダウンロードも無制限にできます。*ダウンロード版は代引き決済には対応しておりません。

¥19,700

¥13,800

  • 残りわずか
  • お届け日数:3~5日1

※ご購入には保護者さまの同意が必要です。商品は翌営業日に発送いたします。

乱丁は新品と交換いたします。商品到着後、8日以内でしたら返品にも応じます。

個人情報は厳重に管理し、追加の商品案内などは一切行いません。